THE COMMON TENPO LOGO

RECOMMEND

WILLAM L.1985

20161111_william_l_eyecatch

ABOUT

1950年から70年におけるヴィンテージスタイルを持ち、ディティールと高い品質を実現した、新進気鋭のフレンチウォッチブランド。William L.1985 は、時計好きなファンと美しいものが好きな人々のために作られた、クラシカルでタイムレスなブランドである。
 

STORY

スイスの高級時計ブランドでシニアデザイナーを務めていたGuillaume Laidet 氏はブランドを作ることを決意する。彼は大叔父から引き継がれた無名ブランドで50 年代のヴィンテージウォッチを改良し、修理して愛用していた。その時計は多くの人を魅了したが、その時計は非常に高価だった。彼はそこからアイデアを得て、ヴィンテージスタイルで高品質、そして手の届く価格の時計の制作を決意する。このプロダクトはソーシャルファンディングという形でスタートするが、すぐにGQやBFM TVなど多くのメディアの注目を集め、1ヶ月で€192,000を越える予約注文が殺到し、アメリカ・フランス・オーストラリアなどで販売され、世界で大成功を収めた。現在、フランスのセレクトショップColetteにて発売をスタートしており、2016年秋冬より世界のマーケットへ進出予定。
 

50’S VINTAGE STYLE

1950年代、各国の空軍で採用されるためのパイロットウォッチの開発に躍起になっていた時代、機能性や可視性などの実用性を重視されて作られたデザインはインダストリアルでありながら美しい造形美を持つ。William L.1985 は、その時代を経ても変わらない美しさに着目し、クラシカルでタイムレスなデザインを作り上げました。
 
20161111_william_l_photo_01
 

FINE FINISH & DOME GLASS

ケース素材は、耐食性に優れ医療用にも使われる316L サージカルステンレスを採用し、ブラッシュド仕上げ、ポリッシュド仕上げを使い分け、立体感を演出することでヴィンテージウォッチとはまた違う高級感を演出します。光の屈折による反射や歪みを抑えるダブルドームミネラルガラスと無反射コーティングを採用することにより、プラスチック風防のヴィンテージにはない高い可視性と耐久性を実現。
 
20161111_william_l_photo_02
 

VINTAGE DETAILS

パイロットウォッチや軍用時計に採用されていたテレメーター( 音と光の速度の差を利用し、音の発生場所までの距離を算出することができる機能のこと) や、タキメーター( 速度計) などのマニアックなディティールや機能も再現する。日本製ムーブメントの搭載により高いクオリティも実現。
 
20161111_william_l_photo_03
 

UPLIGHT INDEX & SUPER LUMINOVA

高級時計にみられる、アップライトインデックスを採用し、ヴィンテージにはない高い可視性と高級感を演出。また、蓄光塗料を針やインデックスに採用しています。
 
20161111_william_l_photo_04
 

[取扱い店舗]
THE COMMON TEMPO 原宿店
THE COMMON TEMPO 玉川タカシマヤ店
THE COMMON TEMPO 堀江店
THE COMMON TEMPO ルクア1100店
THE COMMON TEMPO ららぽーとエキスポシティー店
THE COMMON TEMPO アミュプラザ博多店
 
商品一覧はこちら


MORE RECOMMEND

  • 20170317_virgil_normal_eyecatch

    VIRGIL NORMAL

  • 20170303_individualized_shirts_eyecatch

    INDIVIDUALIZED SHIRTS

  • 20170223_tct_x_wilderness_experience_eyecatch

    THE COMMON TEMPO × WILDERNESS EXPERIENCE 第1弾

  • 20170203_tom_hope

    TOM HOPE